女性

PMS対策をしよう【辛い症状から解放されてハッピーな毎日を!】

上手に乗り切ろう

女性

日本人女性の約8割があらゆるPMS症状に悩まされています。頭痛、腰痛、肩こり、イライライ、腹痛、集中力の低下など、PMSの症状には様々なものが挙げられます。多くの女性が悩まされているPMSですが、中には生理前であってもPMSの症状がまったく出ないという方もいるのです。PMSになりやすい方には共通の特徴があります。真面目な方、完璧主義者、几帳面、喫煙者、コーヒーを好む、我慢してしまう性格、依存しやすい、コンプレックスを抱えているなど、これらに当てはまる方はPMSになりやすい人といえるでしょう。
少しでもPMSによる症状を和らげるための対策として栄養バランスを整えるという対策法があります。豆腐や納豆などの豆類を積極的に食べたり、調理にはオリーブオイルなどの植物性油を使ったりすることでPMSを上手に乗り切ることが可能です。対策の1つとして生理前に控えた方が良い食品もあります。コーヒーなどのカフェインやアルコール、塩分の摂り過ぎはPMSを悪化させてしまう可能性があります。ほかにも体を動かすことでPMS対策するという方法もあります。ウォーキングや室内でできる簡単なストレッチなどの軽い運動が効果的です。食事や運動以外の対策として低用量ピルの服用が挙げられます。もちろん医師への相談が必要ですが、低用量ピルを服用することでPMSの症状を緩和に導くことが可能なのです。低用量ピルはPMS対策だけでなく子宮がんや卵巣がんのリスクを下げる効果も期待できます。