モデル

モデルになるためには

モデルになるには、モデル専門学校に通い、自分の魅力の活かし方を学ぶことが近道と言えます。学校がオーディションや仕事を紹介してくれることもあるので、個人でモデルを目指すより夢に近づきやすいです。また、モデル専門学校は少ないと思われがちですが、大都市には多数存在しています。

詳しく見る

はさみ

コースの選択をする

美容専門学校といっても、選択コースによって学べるものは異なります。トータル的に学べるところもあるので、希望に合わせて選択しましょう。また、費用は各学校で異なります。短期間で資格を取得できるところもあるため、比較してみましょう。

詳しく見る

ネイル

学校の施設を最大限利用

専門学校に通いネイリストを目指す場合、学校に通っている期間で出来るだけ多くの知識や技術を身に付ける事が重要です。専門学校の在学中に資格を取得しておく事は、卒業後にネイルサロンへ就職してプロのネイリストへの近道になると考えます。

詳しく見る

デザイン

充実した設備と環境

デザイナー、パタンナー、スタイリストとしてファッション業界で活躍するための早道が、服飾の専門学校で学ぶことです。専門学校ならではの充実した設備と環境に加えて、同じ目標を持つ仲間たちと切磋琢磨し合えることも魅力です。

詳しく見る

デザイン

かかる費用を比較する

服飾専門学校は、年間に90万円〜150万円ぐらいの費用が必要です。これに学用品や材料費などがかかります。他の専門学校に比べて高い訳ではありませんが、費用を抑えるなら学校を比較したり実家通いにすると良いですよ。

詳しく見る

カリキュラムを確認する

女性

手厚いサポート

服飾系の専門学校の選び方のポイントは、設備や講師、卒業生などをしっかり見て理解する事です。設備とは、学校に備わってる服飾に必要な道具がきちんと揃っているかという基本的な事から、就職サポートのためのカリキュラムなどがしっかりと組まれているかです。専門学校に通うメリットの1つは、就職を支援する事です。将来のビジョンを踏まえて、専門学校がどんなサポートをしてくれるかチェックします。また、カリキュラムが就職にどのように役に立つのかもチェックしましょう。次に講師や卒業生です。講師は服飾の仕事に携わって長いのか、実績がある講師で現場に詳しいのかなどをチェックします。講師が生半可だと授業も中身がなくなり、専門制が弱くなります。また、卒業生はきちんと就職できてるのか、卒業生の就職先、有名になった人はいるのか、何人ぐらい卒業してるのかなども確認しておくようにしましょう。そして、多くの服飾系専門学校は許可を取って開校していますが、無許可の学校ではないのも念のため確認しておきます。無許可だった場合は公的な奨学金の対象外になりますし、卒業しても学歴にはならないので要注意です。専門学校を選ぶ時にチェックするべきポイントはたくさんありますが、オープンキャンパスに行って実際に目でどんな学校なのか見ておくべきです。在校生は生き生きしてるか、楽しそうかなども見ておくと、入学した時の自分がイメージつきやすいでしょう。

Copyright© 2018 服飾の専門学校に見学【オープンキャンパスの申し込み】 All Rights Reserved.